断熱材にこだわりませんか?

directory02.jpg comp_pic002.jpg img_tomakomai05.jpg

昨今、ecoブーム・省エネ化に伴い様々な断熱材又は工法があります。

その一つに「ウッドファイバー」と言う断熱材があります。

名前の通り「木の繊維」です。簡単に説明しますと、木の端材をチップにして固めた
ものです。

通常の断熱材と異なり主原料が木の為、調湿能力が高く防音効果もあります。

主原料は木ですが、特殊な難燃剤を混ぜる製造方法で燃えにくい(表面が炭化し火が
つきにくい)のも特徴です。

JIS規格の適合も受けており、信頼のおける製品となっています。

興味のある方は見て下さい。

http://www.kinoseni.com/

シューズクローゼット

DSCN0451.JPG DSCN0452.JPG

玄関収納も大容量となっています。

建具にはミラーもついて、外出時の身だしなみがチェックできます。

ストリップ階段

DSCN0454.JPG DSCN0456.JPG DSCN0457.JPG DSCN0453.JPG

完成。

DSCN0450.JPG DSCN0455.JPG DSCN0459.JPG DSCN0458.JPG

S邸完成しました。

木をふんだんに使い、温かみのある家になっています。

壁は珪藻土仕上げです。

リビングに設けた小上りも、いいですね。

玄関アプローチ

DSC_0063.jpg DSC_0062.jpg

玄関ポーチには大谷石を貼り、目隠しとして桧の格子で、玄関の中が直接見えない様にしました。

玄関ホール

DSC_0044.jpg

床板は檜の無垢材です。
1坪入りの梱包(8枚入り)に、無地の物が1枚はあるので、選りすぐって玄関に集めました。

階段

DSC_0042.jpg

無垢の板で、ストリップ階段です。板厚は二寸五分 五段で廻るので、ゆっくり廻れます。

外壁

DSC_0041.jpg DSC_0040.jpg

足場が取れました。
押し縁を付けてから、全体をもう一度塗りました。
重厚感のある外観に仕上がりました。

山車補修2

DSC_0038.jpg DSC_0037.jpg DSC_0039.jpg

欄干も取り付き、後は塗装をすれば完成です。
欄干には、山車を納める松尾神社にちなみ、鯉と亀を彫りました。

山車補修

DSC_0033.jpg DSC_0031.jpg DSC_0032.jpg DSC_0034.jpg

部落の屋台を補修しています。舞台の床をはり、彫り物を取り付けて完成です。
舞台床には、足回りの点検をし易くする為に点検口を設置しました。