外壁

DSC_0041.jpg DSC_0040.jpg

足場が取れました。
押し縁を付けてから、全体をもう一度塗りました。
重厚感のある外観に仕上がりました。

山車補修2

DSC_0038.jpg DSC_0037.jpg DSC_0039.jpg

欄干も取り付き、後は塗装をすれば完成です。
欄干には、山車を納める松尾神社にちなみ、鯉と亀を彫りました。

山車補修

DSC_0033.jpg DSC_0031.jpg DSC_0032.jpg DSC_0034.jpg

部落の屋台を補修しています。舞台の床をはり、彫り物を取り付けて完成です。
舞台床には、足回りの点検をし易くする為に点検口を設置しました。

外壁押し縁

DSC_0023.jpg DSC_0025.jpg DSC_0024.jpg

外壁押し縁を施工しています。
目地にコーキング+防水テープを貼ってから押し縁で抑えます。防水テープは全部で1000メートルになります!

リビング天井

DSC_0022.jpg

リビングの勾配天井には檜の羽目板を施工しています。檜の梁と相まって見ているだけでも檜の香りがしてきそうです!

断熱材

DSC_0015.jpg DSC_0019.jpg DSC_0020.jpg

断熱材が入りました。

新春材木市

DSC_0008.jpg DSC_0009.jpg DSC_0010.jpg DSC_0011.jpg

某材木屋の、セリ市に来ています。見渡す限り、材木・材木・材木。
うまく競り落とせば、とってもお買い得です。

外壁

DSC_0006.jpg DSC_0007.jpg

外壁の板張りがだいぶ出来てきました。
押し縁を取り付ければ完成ですが、板が乾燥して多少縮むので、押し縁を打つ前に先に塗装を行います。

外壁

DSC_0002.jpg

外壁には、杉板を施工しています。板と板の継ぎ目には後から押縁を打ちます。
手間は掛かりますが、仕上がりが楽しみです。

DSC_0001.jpg

リビングは勾配天井。
檜の梁が映えます。